神奈川⇔北海道間の格安引越し業者を見つけるにはコレ!

神奈川県各都市から北海道へ、北海道の各市町村から神奈川県への引越しはかなりの長距離となります。
ちなみに神奈川県横浜市と北海道札幌市間で約1200㎞の車の走行距離

kanagawa015 (4)

一般的に知られている簡単な引越し代金を計算できるものにあてはめてみると

【250円~350円】×【トラック走行距離(神奈川県⇔北海道)】+【2.5万円~3.5万円】×世帯を構成する人の数

単身でも30万円以上の金額が出てしまいますが、これはあくまでも旧居から引越しトラックに荷物を詰め込んで、そのままトラックが引越し先に走った引越しの場合です。
実際には神奈川県と北海道間のような長距離では、基幹部分の輸送は一度荷物を積み替えて混載便(他世帯の荷物と一緒に運ぶ)とするでしょうから、これほど高い金額にはなりません。

  • 単身で8万円~15万円 
  • 2人家族で12万円~25万円
  • 4人家族で15万円~40万円

ほどが平均的な相場となるでしょう。

kanagawa015 (6)

ご一家であると仮定しても、前住所の家財道具をほぼキレイにし、新居について改めて購入するスケジュールでいる方と、単身世帯といえども、何十年分もの家財を全部新住所に移す人であれば、後者の単身世帯の引越しの方が、複数世帯以上の値段になるものと思われます。

引っ越し業界というのは、繁忙期と暇な時期の波が激しい業界の1つでしょう。ずば抜けて依頼が殺到する時期(3月~4月)がありますし、比較的暇な頃合いでも、月末に祝祭日、そして週末は平日より遥かに多くの人達が引越しを行います。引っ越し会社から見れば、連日同程度の引越し案件を引き受けられれば良いかもわかりませんけども、引っ越し業界の現実を鑑みるとそんな展開にはなりにくいものです。あまり依頼がないときは、格安にしてでも顧客を呼ぶ努力をしますが、逆さまに、労せずして依頼が舞い込む時期には、荒っぽく価格を上げてもお客は来ます。

kanagawa00 (1)

これからあなたが実行する神奈川県-北海道間を引っ越す時に「最安価格の業者はどこなのか?」知っておくべきです。

どうしてかというと、「サカイかアート引越センターに頼もうかと思っている」ということであっても、他の業者の格安料金を知っておけば「他所はもっと安い料金なのに!」と、このように見積もりに訪問に来た依頼するつもりの業者のスタッフにひとことだけでも言うことによって価格交渉も出来ますから。

kanagawa00 (2)

kanagawa00 (3)

kanagawa00 (4)

神奈川⇔北海道のイチバン安い専門業者の値段を調べるならコレ! >>> Click!!

 

 

 

 

kanagawa00 (5)

インターネットユーザーが書いた口コミですが、特定の引越し会社を指して、大変な高評価をする人がいても、一方では悪い評価もされているものです。理由として主にあげられるのは、臨時に雇い入れるアルバイト作業員の水準があげられるものと思います。
お引越し依頼が少ないときは、経験の長い正社員や教育を受けた準社員の方が実作業をしてくれますけども、春の3月頃の繁忙期には、バイトさんを何人も雇用し、幾多もの案件をこなす必要に迫られるため、一例に出すと、もし引越し会社によって作業員が4人派遣された場合、正規雇用はそのうちの一人で、残りは一時雇用の人が多いというパターンかもわかりません。
週末あるいは忙しい時期は、引っ越し金額の相場があがってしまうデメリットと共に、臨時バイトによるサービス面での質の低下についても予めの心積もりが必須になりそうです。

kanagawa00 (6)

予定の引越し日に、荷物を出す(業者の着く)作業を何時にスタートするか?それは、予想外に価格差に繋がりますので、留意しましょう。

引っ越し先がお近くなら、朝に荷物を搬出して引越し先へ運搬しておけば、お昼までに、それでなくとも午後のうちに新しい自宅に運び終えるでしょう。こうしたときに使う便ですが、朝、真っ先に作業をしてくれる午前便と呼称されています。

午後便はお昼を過ぎてからスタートする便。
「フリー便」は基本的に、いつ来てくれるのか、引っ越し会社に決定権があるというものです。

kanagawa00 (9)

会社にとって楽であればあるほど、依頼人側に不利な点が多々あるため、その代り費用は安くなり、金銭面では得をします。無論そのお代は1位午前便・2位午後便・3位フリー便の順で下がります。

もし神奈川県-北海道間の引越し予定日に急ぐ理由がないのなら、フリー便の利用を勧めたいところです。

とはいえ、依頼が集中している場合、最悪の場合、夜のスタートになることもおかしくはありません。しかし、ひょんなことから朝早くに作業員が来るケースもあります。フリー便の利用をするにあたり、問題ないケースというと、遠方への引越しの際です。前提として、1日ではとても引っ越し作業が完了できない距離であれば、業者が仮に早く来なくとも、あまり困らないのではないでしょうか。

kanagawa015 (2)

引越し見積もり一括サービス(無料)を業者選びの前に利用しましょう。

引っ越される神奈川県-北海道間では専門業者のどこが他社よりも安くてサービス内容も充実しているのか?真実を知るための唯一の方法が引越し見積もり一括比較サービスで最低でも5社以上から見積もりを取得して、各会社の概算価格を付きあわせて比較してみることなのです。

場合によっては、「全国的に有名な会社に決めようかと・・・」だとしても、大損をしたくなかったら一括見積もりを利用して各社の価格を付きあわせてみるべきです。見てビックリ!他所の方が2万円も安いじゃない!のような経験者も多くいらっしゃいます。

数週間後に、「タダで使えたのにどうして利用しなかったのだろう?、高級レストランで食事出来たのに・・・」と後悔しても後の祭りです。

kanagawa00 (7)

kanagawa00 (8)

kanagawa_ga

 

 

 

 

神奈川県各都市から北海道へ、北海道の各市町村から神奈川県への引っ越し料金に関しては合計の荷物量とかで、トラックの大きさ且つ要する台数や必要な担当作業員の人員数を決めて、正確な金額を算出することになります。やはり、基本的に距離数が多いほど料金は高くなります。実際、引越し料金は、引越し業者の都合にて大変差が生じます。タイミング的に引越し業者の日程が詰まっていなければ、安上がりで引っ越しすることが出来るかもしれません。

kanagawa015 (5)

通常、荷物数により作業スタッフの数や稼動させるトラックの種類が違いますし、運送距離が増えれば、その分だけ作業に携わる時間も長くなりますから、引っ越し料金も比例して上乗せになります。神奈川-北海道の引越しがそんなに集中していない期間とか平日なら、引越し相場よりも大分安値になると想定されます。注意すべき点は吉日とされる大安の日等に関しては相場以上に高額に見積もりされることがよくあります。

現実的に引越し時は使わなくなったものなどを処分してしまう機会でもあるので、予め忘れずに捨てるものを選んでおいて、合計の荷物の量をいくらか少なめにしておけば、結果的に神奈川-北海道の引越し見積もりの代金もある程度抑えることが可能であります。あなたが本当に出来る限り安い引っ越し費用で実行したいようでしたら、まずは沢山の引越し業者の一般的な料金の相場を確認しておくことでどの程度かかってしまうのか一般的な相場を把握しておいて損することはありません。どこの業者も似たり寄ったりだろうと、何のリサーチもせず簡単に一括見積もりネットサービスを選定し引越し業者の見積もりを頼むといった人もとても数多いのですが、現実問題このことが損する原因なのであります。

引越しの方式には混載便、チャーター便なる手法もあり、全く性質が異なる方式です。「混載便」は遠距離の引越しに向いており、同じようなところへ引っ越す複数世帯の荷物を、まとめてトラックあるいはコンテナで運んでいく方式のことです。

短距離向けのチャーター便とは、一軒の荷物のみを、トラックなどで引越し先まで運んでいきます。

引っ越し業者で用いられている遠距離トラックは、必ずしも積荷で埋まっているというわけではありません。

実のところ、30%から50%程度場所が空いているケースも多々あるのです。
隙間なく荷物を積めるよう考案された引越し方式、それは「混載便」という名で呼ばれます。
トラック1台に荷物をいっぱいに詰め込むのではなく、だいたい半分から3分の1くらいの空間を借りることになるので、その分料金もリーズナブルになります。神奈川県と北海道各都市間の引越しを行う具体的手法はいろいろありますが、混載便もしくはチャーター便を利用することも1つの選択です。混載便というのは、様々な世帯の荷物を同時に運ぶ手段としてトラックやコンテナを使う引越し方法となります。

では、「混載便」とは逆の手法である「チャーター便」とは何かといいますと、積み込む荷物は1世帯分で、これをスタートからラストまで運ぶ引越しサービスです。割安で荷物を運んでもらえる混載便には、デメリットも存在します。

kanagawa015 (1)

業者にもよりますが、いつ荷物が来るかわからないこと、荷物紛失の可能性(いろいろな世帯の荷物を同じスペースに積むため)です。混載便は、2世帯以上の積荷を一緒にコンテナやトラックで運ぶことによって料金を安くするという仕組みのため、いくつか同じ引越し先の荷物がまとまらないと、スタートできないのです。

「安さ」をセールスポイントにしている某業者に昔、長距離の引越しをお願いしました。
業者から、「短くて2日、遅くても1か月くらいで届きます」と言われてしまいました。

タイムラグ発生の理由は、混載便がいっぱいになるのを待って運ぶからとのことです。
結果的に、およそ3日で無事に荷物が到着しました。

可能な限り多くの業者へ見積り請求を求め、これらの内で神奈川-北海道の各都市間の引っ越し料金の安価な先を約2~3社をセレクトし、交渉して見積り額をお互いに競わせたら、より低価格で引越しをとりおこなう事が可能であります。極論として、月ごとに引越し相場といったものは変動を繰り返すので、引越しを実行する季節・スケジュールさえちゃんと掴んでおいたら、あなたでも割と安めにて相場通りに引越しをするということが実現します。3月の繁忙期だからといって最初より一社限定にて引越し業者をチョイスしてしまうのは絶対にしてはいけません。

一般的に言われているような引っ越し相場よりも、さらに安く抑えるには、第一に各業者の比較が決して欠かせません。事実引っ越しに関しては単に荷物を運ぶだけなのだけど、ウン万円以上の金額が手元から無くなってしまいます。なので「可能であれば引っ越し料金を安く抑えたい!」。そんな感情は当たり前の心理です。全国展開している大手の業者を利用した際の単身者の引越し相場においては、荷物の総量が割かし多めの人で大体5万~6万円位、そして荷物がどちらかといえば少ない方でほぼ4万円程度が平均の相場だと考えられます。

実際、割高な神奈川-北海道の引越し相場を回避する為には、一年の内でも依頼が集中していない暇なシーズンの月の中辺りの平常時に行う、という事を外せません。またこれは接客対応などサービスの質に対しても言えることです後で見積もりを照らし合わせ、他の引越し見積もりには書き記されている条件が、お気に入りの業者の書類には記載無しの場合は、その点の違いについてを把握すべきでしょう。一般的に引越し見積もりをお願いする際は、当然、「転入先の新しい住所」かつ「引越しを希望する日」「引越し先に運送する荷物」等細かいコトが先に決まりがついている状態でなければいけません。

「フリー便」を説明すると、引越する人が決めるのは神奈川県と北海道各都市間の引越しの日にちのみで、いつ訪ねるかは業者の都合に委ねる引越し手段を指します。

kanagawa015 (7)

顧客に決定権はありません。業者が融通をきかせてくれるのであれば、夕方あたりまでに作業が終われる可能性もありますが、基本業者がやってくるのは午後の仕事を終えた後です。なので、作業が始まるのは午後遅くになる可能性大なのです。「フリー便」という引越しプランを業者から提案されたことはありませんか?何かというと、引越し時間を指定しないサービスのことです。朝のうちやお昼すぎなど、カンタンに目安時間を伝達してきますが、これは目安にすぎません。雇用主自身が引越す時間帯を自由に決めることができない、これがフリー便の仕組みです。

とはいえ大体は、別の引越し依頼を終了させてから来てもらうケースが多いと推測されます。
フリー便をチェックしましょう。

神奈川県と北海道各都市間の引越しの時、地元の中小業者に日取りのみ(スタート時刻取り決め不可)告げて頼むことになります。先方にしてみればその日に作業が組み込みやすくなるのでその分、割引価格となる引越し手段となります。みなさんの引越しのスケジュールや、予算的な問題からトータルに検討をしてフリー便を業者に頼むことが問題なければこのサービスで引っ越すことに決めても良いと思われます。
毎度毎度フリー便が夜遅くに業者がやっと来た!というわけではありませんので、繁忙期に利用するのはそれなりに覚悟も必要かもしれませんが、平日の引越しであれば非常識ではない時間に引越し作業を開始できる確率も高いでしょう。

近場の場合ならラッキーにもその日の最初の作業になり午前中には新居での家具や家電の設置が終了していることもあるかもしれませんよ。

コメントは受け付けていません。