引越しのときにあるトラブル

荷物のトラブル(破損・紛失その他)

引越しの際には、引越し業者に依頼するという方も多いと思います。一人暮らしの方で、荷物が少ない方の場合には、お友達などに手伝ってもらって、自分たちで行うことも出来るでしょう。しかし、荷物が多い方、ファミリーの引越しとなると、やはり自分たちだけの力では難しいですよね。この引越し業者を利用する際には、トラブルとなってしまうケースもあります。

荷造りをする女性

では、このトラブルのひとつ、荷物に関するトラブルについて、ご紹介しましょう。まず、荷物で多いトラブルは、荷物の破損。「買ったばかりの家具に、傷がついてしまった」「家電が壊れてしまった」というケースがあります。こういった破損に関しては、引越し後数日経ってから気づいた場合には、何が原因で破損してしまったか、分からなくなってしまいますよね。そのため、荷物の搬入が終わったら、業者の方と一緒に傷などがついていないか、家電などに問題がないか、確認するようにしましょう。また、中には「これでは、使えない」という状態になる場合もありますよね。そういったことが起きた場合、業者ではどういった対応をしてくれるのか、あらかじめ確認しておく必要があるでしょう。更に、荷物の紛失などもトラブルに発展するケースがあります。紛失などを防ぐためにも、すぐに気づくことが出来るためにも、荷造りの際にはダンボールに数字をふるなどして、数が分かるようにしておきましょう。現金や通帳などの貴重品は、出来るだけ自分たちで運ぶようにしましょう。

どういったトラブルが起きているか、あらかじめ分かっていれば未然に防ぐことも出来ますので、これらを参考に引越しの際にはトラブル防止も行いましょう。

見積もり価格と実際の費用が違うとトラブル

引越しを予定している方の中には、今から準備をはじめているという方もいると思います。引越し準備は、やることがたくさんありますから、計画的に進めていくことがおすすめ。業者の手配なども忘れずに行いましょう。この引越し業者を利用する際にはトラブルとなってしまうケースもあります。

hikkoshi0024

では、引越しの際のトラブルのひとつ、見積もりについてご紹介しましょう。一番多いトラブルは、見積もりの費用よりも、高い費用が請求されたというもの。数社から見積りを取り、安い業者だから選んだという方も多いでしょうから、実際の請求の際に違う金額を出されると、困りますよね。しかし、この見積り書は契約書としての力もあります。そのため、内容などの変更を行っていない場合には、見積もりよりも高い金額を請求されても、その分は支払う必要はありません。万が一、見積り書よりも高い金額を請求された場合には、言われたままの金額を払うのではなく、「見積り書の金額と違うのですが?」と確認するようにしましょう。また、見積り書を通してトラブルとなっているケースは、キャンセルの場合。キャンセルは、引越し日の前日、当日の場合には、キャンセル費用が発生することになります。ということは、2日前までのキャンセルであれば、キャンセル料はかからないということ。しかし、その前に着手してしまった物がある場合には、そのサービス分の料金の支払いは必要となります。

このように、見積り書を通してのトラブルも多くなります。トラブルにならないためには、事前にしっかりと確認すること。金額などに不安がある場合には、「これ以上、料金はかかりますか?」とあらかじめ確認しておきましょう。

引越し業者をキャンセルしたら

引越しを予定している方の中には、既に引越し業者に依頼をしているという方もいるかもしれませんね。しかし、引越し業者に予約を入れた後、キャンセルとなることもあるでしょう。

gf568d

では、引越し前に確認する必要がある、このキャンセルについてご紹介しましょう。引越しを予定している方でも、仕事の都合、家族の都合などによって、その日に引越しが行えなくなってしまうこともありますよね。そのため、引越し業者と契約を行う際には、万が一キャンセルとなった時には、どういった対応になるのかも、確認しておく必要があります。中止になるという方もいるでしょうし、日にちが変わるという方もいるでしょう。契約後に、もっと安い業者を見つけたという方もいるかもしれませんね。仕方なく、キャンセルしなくてはいけないのに、高額なキャンセル料がかかってしまっては意味がありません。一般的には、当日のキャンセルの場合には、見積り費用の20パーセント以内のキャンセル料。前日の場合には、10パーセント以内のキャンセル料が発生することになります。万が一、これ以上の高額な費用を請求された場合には、消費者センターなどに相談した方が良いかもしれませんね。

このように、引越し業者をキャンセルする場合には、キャンセル料が発生することになります。引越し前に、引越し日などが変更、中止になった場合には、キャンセル料がかからない様にするためにも、なるべく早めに業者に連絡を行うようにしましょう。

コメントは受け付けていません。